2014年8月31日

サービスエリアでソフトクリーム(紀ノ川SA・上り線)

 昨日は朝から阪和自動車道の紀ノ川サービスエリアに電話を入れました。
 一般道からでも買い物に行けるかどうか知りたかったので。

 インフォメーションのお姉さん曰く、買い物してもらえるのならOKとのことでした。
 従業員用の駐車場も空いていれば使ってもよいとのこと。
 もちろん空いてなかったら止められませんので、そこ注意です!

 そういう訳で、今年32回目・通算44回目の小型二輪車(原付二種)ツーリングのはじまりはじまり~



 大阪からは国道309号線を南へ下り、新家交差点を右折して国道170号線に。
 上原町交差点を左折して国道371号線で和歌山に入ります。
 そして一番走るのが楽しい区間となるわけですが、御幸辻南交差点を右折して紀ノ川広域農道へ。
 県道63号線の風吹交差点を左折し、根来西交差点を右折して県道7号線を西へ走る。

 途中、交差点横にコスモスが咲いているのを見つけて休憩を入れつつ。
 8月最終週の週末ということもあり、夏休みの宿題で追われている子たちが多いのか、道路は空いてますねぇ。








 最後にJR紀伊駅周辺で右折して紀ノ川SAへ向かうのですが、その辺りの詳細はGoogle Map等でお調べ下さい。

 そして出発から2時間後、紀ノ川SAに到着!。
 とりあえずスクーターは行けるところまで行って、置かせてもらいました。








 そしてお目当てはこれ!
 上り側のSA限定販売の観音山みかんはちみつソフトクリーム(500円)。
 みかんの花からミツバチが集めた貴重なハチミツを使っているらしい。

 それにしても美味い!
 この、ハチミツとあっさりしたクリームのコラボレーションは最高ですねぇ。
 よく冷えているからか、甘さをくどく感じることもなくちょうど良い甘さになっています。
 少し量が少ないように思えることだけが残念ですが。








 さて次はこれだ!
 あらかわの桃ソフトクリーム(350円)、これは量が多いぞ!!

 それにしても味が白桃というよりかは黄桃って感じが・・・甘いからですかねぇ?
 こちらもなかなか、ハチミツに負けないお味でした。








 もうひとつくらいソフトクリームを堪能したかったのですが、調子に乗ると止まらなくなりそうで・・・
 というわけで、ここは我慢して帰宅することに。
 おなかピーピーになっても困るしね。

 むむむ、全部食べに走るべきか・・・
 写真のようなソフトクリームのイベントも各地のサービスエリアが協力して行われています。








 帰宅途中、県道7号線を東へ走っていると結構有名は農作物販売店のめっけもん広場を発見!
 ここではジュース用の桃が1箱700円で売っているというウワサも。








 それにしても安い!
 見て下さい、下の写真を・・・ピオーネが250円ってありえんし。
 昨今天候不順で値上がりしてるキュウリも140円で3本入りですから。



撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5






 帰りは県道7号線から県道62号線へ入りました。
 犬鳴山温泉を横目に走り土谷交差点を右折した後、熊取交差点を右折。
 国道170号線を一気に走り抜け、新家交差点を左折して国道309号線を北上して戻ってきました。

 途中、めっけもん広場や給油等の寄り道もあり、自宅まで2時間半かかりました。
 それにしても、やっぱり和歌山は走り甲斐ありますねぇ。
 美味しいソフトクリームだけじゃなく、走るのも楽しいツーリングなのでした。





2014年8月30日

息子のガンダム その3

 ひさびさにガンダムを買った息子チビケン。
 今回のはなかなか凄いです!








 まずは普通のユニコーンガンダム
 サイコフレームが緑のバージョンもなかなか格好いいですね。








 そしてもちろんフルアーマーユニコーンになります。
 これはゴツゴツしすぎて、チビケンが遊ぶと部品がボロボロ取れていきます(笑)








 もう1機はガンダムMk-II
 ちょっと顔が恰好悪い気がするのはワシだけ?








 Gディフェンサーと合体させると、もちろんスーパーガンダムに。
 これもボロボロ部品がとれて、チビケンがその度にヒステリックに喚く・・・








 まぁ、対象年齢が15歳以上やからねぇ。
 仕方ないんですが、ガンダム好きなのはやめられないそうです。
 もちろん、そんな彼は板倉小隊も毎週観てます(笑)



撮影機材 :Nikon D3  AiAF Zoom-Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D  Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年8月25日

椎茸味のアイス!?(しい茸ランドかさや)

 先日の人と自然の博物館へのツーリングの際、帰りしなに寄り道していました。
 そこがしい茸ランドかさや
 なにやら椎茸味のアイスがあるらしんですが・・・








 ほうほう、ラジオや新聞でも取り上げられてるらしい。
 その名も椎茸アイスもなかか。








 どうやら3種類あるらしんですが・・・「上級」ってなんだ!?

 お店の方に尋ねてみると、上級の方が普通のより椎茸味が濃いらしいです。
 「椎茸好きの方なら上級をおすすめします」とのことでした。








 やはりここは「上級」にチャレンジ!

 意外なことに、そんなに椎茸味がしませんでした。
 どちらかというと、後味が椎茸を含んだ出汁味という感じでしたねぇ。
 全然普通に楽しめる味でした。
 しかし・・・予算が許すなら、最後はいちごアイスもなかで締めたかった。
 それだけが心残りですねぇ。



撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年8月24日

「横の林」と言う名のBar (Bar Yoko no HAYASHI)

 「横の林」と言う名のBarが、南船場に誕生・・・。
 8月も中頃のある日、こんな葉書が届きました。








 そういえば、大学の時の友人が物件を探していると半年前に言っていたが・・・これのことか!
 そういうわけで行ってきました、開店日に。








 Bar Yoko no HAYASHI
 それがこのオーセンティックバーの名です。








 マスターの名は横林邦彦
 彼の酒好きは我々の中では有名で、週末になると朝まで飲んでることが多かった。
 それが高じて、今回オーナーバーテンダーとしてデビューした次第です。








 オーセンティックバーということなんで、あまりツマミはありません。
 ただ、これからの店ですから、もう少し揃えるようにはなると思うのですが。
 その辺りは、我々も意見していければと思います。








 酒の種類はご覧のとおり。
 今の時点では、町場の気軽に入れるBarというところでしょうか。
 金額的にも妥当ですしね。








 初日ということで満員でしたが、すでに常連になってくれそうなお客さんも。
 たとえば、こんなお茶目な男性とか・・・








 こんな綺麗処も既におられましたよ。
 彼の人徳でしょうかねぇ。








 本人はまだまだ不安なところもあるようですが、頑張ってもらいたいもんです。
 いや、そんな心配は不要ですね。
 安泰な生活を捨ててまで開業するくらい、行動力があるんですから。

 みなさんも近くにお越しになることがありましたら、ぜひ一度足を運んでやってください。
 よろしくお願いいたします。



撮影機材 :Nikon D3  AiAF Nikkor 20mm F2.8D  AiAF Nikkor 50mm F1.4D  AiAF Zoom-Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition  JTrim 1.53c






地味な丹波竜の化石展(人と自然の博物館)

 先日アップした関西おでかけ情報の記事を参照に、今回のツーリングは兵庫県三田市まで行ってきました。
 今年31回目・通算43回目のツーリングは、途中で雨に降られました・・・。

 国道43号線で西宮へ向かい、そこから県道82号に入った途端に雨。
 しばらく経ってどんどん降水量が増えてきたんで、一旦はあきらめて帰りかけました。
 ところがすぐに雨が小降りになったんで、再び三田市を目指した次第です。

 小笠峠経由の道は土日祝は二輪車通行禁止やったんですが、今回は平日なんで大丈夫。
 それにしても道路がビチョビチョの時の峠道ほど危ないものはないですね。
 ミシュランのタイヤは雨で温度が下がると極端にパフォーマンスが落ちる気がする・・・。
 とにかく無理せずゆっくり走って山を越えたら、そのあとは晴れてました。
 道路も半乾きで全開走行可能に。

 そして12時過ぎにやっと目的地である人と自然の博物館に到着。
 写真の建物の中で、チケットを購入(大人100円・・・どうやら割引期間らしい)。








 隣にある建物の地下入口を目指します。
 ここ、階段を降り始めたら、スズメバチが5匹くらい飛んでました。
 ご注意を!








 ここも結構広い敷地面積な上、4Fまであるんですが、関係ないところは省きます。
 目指すは3Fの丹波の恐竜化石コーナータンバティタニスのみ。








 あったあった!
 さっそく中に入ります。








 中は撮影していい場所としてはダメな場所があって、なかなか難しい。
 これは何も表示がなかったので良いと思うが、こんな感じで出土したのか・・・
 岩だか骨だか、ワシらでは現場で見かけても分かりませんねぇ。








 そして、ショーケースの中は撮影禁止の札が・・・
 遠くからこんな感じです。
 それぞれのショーケースに、背骨等の発掘したホンモノが鎮座しています。
 もちろん監視カメラもありました。








 もう一方の入口から。
 関係しそうな翼竜の全身化石(レプリカ?)やエドモントサウルスの頭骨(レプリカ)などが地味~に展示されていました。








 この博物館、これだけで終わりではありませんよ。
 他にもいろいろあります。
 たとえば2Fにはナガスクジラの全身骨格が。








 アンモナイトが触れるコーナーもありました。








 そして1Fの共生の森が化石だらけです。








 ティラノサウルスの頭骨も!
 ここで先程の物足りなさをウサ晴らしして、機嫌よく帰宅の途に就いたのでした。



撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5






 しかし・・・なんか忘れてないか?





2014年8月22日

水族館を満喫できたのは息子だけ(琵琶湖博物館)

 前回、草津へ行って食事を愉しんだお話をアップしましたが、目的は琵琶湖博物館
 カイツブリのヒナを観るのが本来の目的なのでした。

 昼食後に到着した琵琶湖博物館には常設展で3つのゾーンがあり、そのうちの1つが淡水専門の水族館なのです。
 到着したら、さっそく嫁はんのスマホをぶんどって撮影を始めた息子チビケン。









 むっちゃくちゃ喜びながら、1つの水槽で10枚くらい撮りまくり!









 そうこうしているうちに、お目当てのカイツブリを発見!









 テレビで観たのより、ちょっと大きくなってるみたい。
 ヒナの成長は早いですねぇ。









 「ママー、観てー!」「パパー、来てー!」ってな具合で連れ回されて、親はクタクタ・・・。









 そして終了間際、「お前はホンマに4歳児か!?」と言わずにはおれないくらいの撮りっぷり。









 どれだけ満喫したかは、この写真を見ればわかって頂けるかと思います。



撮影機材 :Nikon D3  AiAF Nikkor 50mm F1.4D  AiAF Zoom-Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition






2014年8月19日

草津のおいしいトコを愉しむ(寿司清・道の駅草津)

 今回が100回目の投稿となります。ε=\_○ノ イヤッホーゥ!!
 そういう訳でもないんですが、今回は家族でドライブに行ってきたお話です。
 行先は滋賀県草津市。
 琵琶湖の南東岸にある琵琶湖博物館の水族館コーナーが、以前のツーリングで訪れた際に非常によかったので。
 息子チビケンにも見せてあげたいなと思ったのでした(絶対喜ぶはず!)。
 ただ・・・出発が遅かったこともあり、まずは腹ごしらえをしてからということになりました。



 それで以前から気になっていた寿司屋の押し寿司を買うことに。
 向かった先は老舗の寿司清
 ここでははこずしというそうですが、10貫入りパック880円のを購入。
 そのまま道の駅 草津へ向かいました。








 そして道の駅に到着後、食事ができるスペースを確保して、はこずしを開けてみると・・・
 意外と小さい!
 1貫が4×2×2.5cmくらいの大きさで、鱧がどこにも見当たらない。
 下の写真の通り、2×2くらいの玉子焼きが3つ乗っかってるだけのようだ。
 やられた・・・orz

 実は、あとで寿司清のホームページを見ると、「飯を詰めた型枠につぶしたハモを乗せ押し抜き」とあります。
 要するに小さな肉片となった鱧がちょこちょこっと乗っかってるだけなんです。
 「鱧ずし」をいかに安価に提供できるか・・・そこを焦点として生まれた押し寿司なんですねぇ。
 でも、ちょっと物足りなかったのは事実です、お味は大変よろしゅうございましたが。








 まぁこれだけでは3人足りるわけもありませんので、道の駅の肉うどんきつねうどんを注文しております。
 ここの肉うどんは近江牛なんだそうですが・・・他のところのとそんなに変わらんなぁ。








 我々を一番喜ばしたのは、実はこれでした。
 下の写真の池田牧場のイタリアンジェラートです。

 単なるアイスクリームやと思って買ったのですが、意外にもシャリシャリしたあっさり食感でした。
 これが美味いんですよ!
 チビケンが一番はりきって食べてましたねぇ、チョコラータとバニラを交互にワシと嫁はんから奪い取ってましたから。

 








 そういう訳でお腹も満たされた我々は、改めて琵琶湖博物館に向かうこととなります。
 そのお話は次回の投稿にて。

 つづく。



撮影機材 :Nikon D3  AiAF Zoom-Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年8月16日

ここはなかなか凄い洞窟だ(不動窟鍾乳洞・後編)

 さっそく前回の続きです。
 ひぃひぃ言いながらも不動窟鍾乳洞の入口にたどり着きました。


撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition








 さっそく中に入っていきます。
 ここは臨場感を高めるため、動画でどうぞ。


撮影機材 :Canon PowerShot S95







 さらに進みます。
 天井から滴り落ちる水滴・・・なかなか狭いこともあり本格的な洞窟です。


撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition








 そして開けた空間へ。
 そこには轟音とともに地下を流れる川がありました。
 ここも動画でどうぞ!


撮影機材 :Canon PowerShot S95







 それにしても凄まじい水量です。
 やはりこれも台風11号の影響なんでしょうねぇ。


撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition








 さらに奥には下に降りていく穴があったんですが、増水のために封鎖されていました。
 今度来るときは、ここを下りたいもんです。


撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition








 それにしても、鍾乳洞って湿気が強すぎて、いつも外に出たらこの通り。


撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition








 帰りは再び長ーい階段を登って行くんですが、喫茶店に着くと冷や水を1杯用意してくれています。
 何か食べたくなるところをぐっと我慢して帰宅の途に就きました。

 途中、道の駅・杉の湯川上鮎めし(500円)を食しました。
 味付け、しっかりしてて美味かったです。


撮影機材 :Canon PowerShot S95
編集ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro 5  NeatImage 6.1 Home Edition








 帰宅時に走りながら思ったんですが、今回も洞窟であって鍾乳洞って感じではなかった。
 あえて言うなら、喫茶店の壁が鍾乳洞?

 さてさて、次はどこへツーリングに行こうかなぁ。





人気の投稿(全期間)