2014年10月26日

柿ソフトクリーム(道の駅「柿の郷くどやま」)

 今週は残業が多く疲れていた為、あまり遠くまで行くつもりはありませんでした。
 そういうわけで以前から興味があった道の駅「柿の郷くどやま」を昼から訪問することに。
 今年39回目、通算51回目の小型二輪車(原付二種)ツーリングは往復105kmと、最近では短いものとなりました。



 今回も国道309号線を南下し、外環状線(国道170号線)で西へ向かいます。
 途中、国道480号線で峠越え。
 和歌山の山道って、こんな感じの鬱蒼とした雑木林の中を走るのが多いですねぇ。
 480号線の半分は、写真よりも狭い車一台分の幅しかない道でした。







 ただ、峠のてっぺん近くは既に紅葉している樹木もありますね。
 また素晴らしいパノラマ光景も広がっています。
 走ってるとなかなか止まれないので、写真はほとんど撮れてませんけど。







 国道24号線には出ず、そのまえに紀ノ川広域農道で東へしばらく走り、西川という集落の辺りから南下。
 ほんの少しだけ国道24号線を走り、右折して紀ノ川を渡ります。
 そして出発から2時間後、県道13号線を東に走って目的地に到着しました。

 結構大きな道の駅です。
 これまでは真田庵に行っても、食べたりお土産をみたりするところが限られていました。
 そういう意味では、非常に訪れやすくなりましたね。







 ここには世界遺産情報センターという小さな施設もあります。
 その中で真田の甲冑を眺めていると、おずおずと近づいてくる若い男が。
 なんでも和歌山大観光学科の学生で、卒論の為にアンケートを募っているとのこと。
 ワシがその日15人目の協力者だそうです。

 彼からの情報によると、この道の駅を目的地として来る人は稀だそうで、皆ついでに寄るとのこと。
 午前中だけ、もしくは午後だけと時間を決めてツーリングしていると目的地も1つに限られる。
 そんな輩もいるのだということを、延々と語ってやりました(笑)







 そして、当初から目的にしていたスイーツ!
 これを忘れてはなりません。
 ここのスイーツと言えば、もちろん柿ソフトクリームです。
 結構しっかりし型崩れせず、さわやかな柿の味がするバニラソフトという感じでしょうか。
 コーンも非常にサクサクと柔らかく、それでいて湿らずで、美味しく最後まで食べれましたよ。







 お土産がなかなか・・・値段が高いんですよね、幸村絡みのものは。
 産直市場「よっといで」で、220円の和歌山産生椎茸を買って帰りました。
 傘は小さいものの、20個くらい入ってたので超お買得です!

 帰りは紀ノ川広域農道まで戻り、そこから東へ走って国道371号線へ出ます。
 371号線を北上し、国道170号線へ。
 あとは往きと同じで国道309号線で北上、夕飯に間に合いました。



 高野山への途中休憩にも、道の駅「柿の郷くどやま」はいいですね。
 九度山経由で南へ向かいやすくなったなと改めて思いました。


撮影機材
 Nikon D3  Ai Nikkor 50mm F1.4S  SanDisk Extreme 8GB CFCard  Apple iPhone 5S
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






ラリーツーリングの結果(蟷螂窟)

 前回のラリーツーリングの続きです。

 昼食後、ラリー参加者6名と幹事2名の総勢8名で、洞窟探検に行くことになりました。
 幹事の希望で、以前行ったことのある五代松鍾乳洞の手前にある蟷螂窟(とうろうくつ)へと向かいます。







 洞川まで出ると、少し紅葉が進んでいました。







 そして洞窟らしきものが。







 川の向こう側に渡って入口まで行ったのですが、管理人がいない・・・
 「法事の為休ませて頂きます」だと!?
 さすがに柵の中には入れません。







 もうひとつの場所は入れるみたいですが、「勝手に入るな」と看板があったので諦めた。
 う~ん、残念。







 そういうわけで、単なる散歩になってしまいました。

 その後、帰宅の途に就いたんですが、途中で道の駅・吉野路黒滝にて休憩。
 ここの広場の桜の木の紅葉が結構進んでました。
 まぁ、すぐに葉っぱは散りそうでしたけど。







 バイク屋まで戻って、みんなで採点。
 ワシは圧倒的にベベタでした、なにせタイムを考えんと走ってましたからね。
 もちろん、一番下の点数が少ない方が良いんですよ。
 優勝者は13点やったかと。







 今回の景品の数々です。
 なんと優勝はマツタケ!
 こんなことならマジメに参加していたらよかった・・・お吸い物は参加賞ね。




撮影機材
 Canon PowerShot S95  SanDisk Extreme III 2GB SDCard
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年10月21日

ひさしぶりのラリーツーリング(洞川温泉)

 今回は、10数年ぶりに行きつけのバイク屋主催のツーリングに参加したお話です。
 今年38回目、通算50回目の小型二輪車(原付二種)ツーリングは、行きはソロ、帰りはマスツーリングとなりました。

 元々ワシは20年ほど前にこのバイク屋のツーリングチームに所属していました。
 そういう訳で、誰か当時のチーム員が来るのかと期待していたのですが、前日の情報では当時の人はいないとのこと。
 しかも今回のツーリングを公表したのが1週間前で、人数が非常に少ないらしい。

 今回のツーリングというのは、ラリーツーリング
 このバイク屋では数年前にツーリングチームは高齢者が大半となり事実上解散したんですが、その後も毎年これだけは続いていたようです。
 下の写真のようなコマ図を参考に、チェックポイント毎にかかった時間が後程公表されます。
 基準タイムとの差が小さい人が勝つ、というものです。







 ワシが最後にバイク屋に到着したんですが、1人懐かしい顔が!
 少し話し込んでしまいました。

 そうこうしてるうちに説明が始まり、出発直前にコマ図が渡されます。
 出走は6台、まぁなんというか全盛期は景品があるということで40台以上が出走してたんですが・・・
 エントリー費は1000円必要ですけどね。







 そして先程のコマ図を受け取り、3分間隔で2番目にワシが出発です。

 第一チェックポイント(以下「CP」)は河内長野市の観心寺でした。
 国道309号線から310号線へと走り、無事到着。
 10分間の休憩を取ることになっており、その間に4番目出発のバイクが来ました。
 3番目は何処に!?

 第二CPは山越えルートで国道310号線を南下します。
 奈良県五條市の御霊神社前がCPとなっていました。

 第三CPは同じく五條市の吉野ストア
 国道310号線から国道168号線に入ってしばらく進んだところにあります。

 そして第四CPは国道168号線をどんどん南下した場所にある道の駅・吉野路大塔
 ここはかつて何度も来た場所で、学生の頃は宿泊して星空観望をした思い出が。
 天気も良いからか、バイクが20台から停まってました。
 指示通り10分休憩してさっさと出発です。







 この後、県道53号線で昔林道だったぽい細道を東へ向かいます。
 しばらく走って到着したのが第五CPであるみずはの湯
 その横を流れる川は素晴らしい色をしていました。
 ここでも指示通り5分休憩。
 強制休憩があるから写真を撮れたわけです。







 そして最終CPを目指し東へとひた走ります。
 国道309号線に出た後、すぐに県道21号線で山登りルート。
 しばらく走って洞川温泉センターに到着!

 出発は8時36分、到着は11時05分でした。
 正直なところ、コマ図には指示速度が記載されていたんですが、完全に無視して走ってましたね。
 そのため、他の参加者が全員着くまで1時間近く待つことになってしまいました。
 まぁ楽しめたからええか。







 さすがに10月半ばではまだ紅葉には早い様で、一番色づいているところでもこの程度。
 大半が緑のままでした。







 全員揃ったところで12時。
 昼食はうろちょろ歩いた結果、大正6年創業のきらく九兵衛で。

 ワシはめはり寿司定食です。
 美味いんですが、ここのはそば出汁とおかず共に味が濃いですね。
 逆にめはり寿司は味気なかった・・・残念。







 昼食後はどこかに行こうということになって・・・次回に続く。


撮影機材
 Canon PowerShot S95  SanDisk Extreme III 2GB SDCard
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年10月13日

風車の寺(玉桂寺)

 さて、前回のツーリングの続きです。
 僧侶に促され、玉桂寺を参拝することになりました。

 玉桂寺は由緒あるお寺さんのようで、聖武天皇の時代に仮御所として使われたのが始まりとのこと。
 ワシにとっては、やたらと朱色が目立つお寺さんであります。







 門の付近には4体のお地蔵さんが風車を持っておられます。







 そう、この出で立ちからわかるように、水子地蔵なんですねぇ。
 7月21日からの全国水子供養祭が継続中の様です。







 凄い数のお地蔵さんです。
 それが全て赤い風車を持っています。







 そして頂点からそれらを見守るかのようにおわするのが大不動明王
 全長13mの迫力は凄まじい・・・







 塗装作業をされていたオジサンと暫く話し込み、気がついたら17時!
 あわてて信楽駅へ向かいました。

 そしてすぐに到着。
 今回初撮影の信楽焼のタヌキです。







 外にはもう一体、特大のタヌキが。







 汽車土瓶、買おうか買わんか迷ったんですが、あんまし使い道なさそうなんで結局買わず。
 一体何のためにここまで来たんだか・・・

 駅舎の中を見学してるうちに、どんどん暗くなってきました。
 駐車場そばにも信楽焼っぽいオブジェが。







 そして帰宅の途に就きました。
 17時半過ぎに出発し、元来た道を戻ります。
 国道307号線を西へひた走り、第二京阪下を走る国道1号線へ。

 自宅に到着したのは19時半ごろでした。



撮影機材
 Nikon D3  Ai Nikkor 50mm F1.4S  SanDisk Extreme 8GB CFCard
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年10月12日

森のタヌキに会いに(信楽高原鐡道・玉桂寺前駅周辺)

 信楽高原鐡道・玉桂寺前駅から陶芸の森へ向かう途中の山道が、市民の手で整備されているそうです。
 そして案内板のある場所には信楽焼のタヌキの置物が置いてあるとのこと。

 「久しぶりにタヌキに会いに信楽まで走りに行くか」と思い立ったら吉日、さっそく昨日行ってきました。
 今年37回目、通算49回目の小型二輪車(原付二種)ツーリングです。







 今回は出発が13時45分。
 前回行った京田辺市を経由して、そのまま国道307号線をひたすら東へ走ります。

 そして、おそらく玉桂寺前駅に到着したのは15時30分頃かと思います。
 こんな車一台分の道幅しかない道を進みました。
 いったいどんな辺境駅なんだ・・・







 そこは・・・スズメバチが飛び交う世界!

 危なすぎて一旦は駅に近づいたものの、さっさと退散。
 少し離れて撮影しようとしたものの、スクーターから離れて撮ろうとすると、スズメバチ数匹がバイクにたかる始末。
 奴らがスクーターから離れたのを確認して、急いで飛び乗って脱出しました。

 そういう訳で森のタヌキどころか駅の写真すら撮れなかった・・・
 かわりにトンボの写真を撮ってたんですが。







 仕方なく、玉桂寺に向かいました。
 そこで作業されていたオジサンに尋ねると、こちら側にある吊り橋から行くことができるとのこと。
 「スズメバチ飛んでたか!刺されたら死ぬからな~」って・・・







 そういうわけで、再度チャレンジです。
 しかし、この吊り橋周辺にもオオスズメバチが飛んでるではないか!
 まぁ先程みたいに乱舞してはいませんが。







 けど、ここまできて引き下がるワケにはいかない!
 命がけで行ってきます!

 怖い、怖いよぉぉぉ!







 うぉっ、目の前を5cmクラスの大スズメバチが横切った!
 ブルブル・・・

 吊り橋から下界を眺めると・・・「遠くへ行きたい」に出てきそうな田舎町だった。
 あれが玉桂寺前駅か。







 もうちょっと紅葉が進んでから来たら、素晴らしい景色が拝めそうなんですがねぇ。

 ぎょえっ、足元にまたスズメバチ!
 吊り橋の下へ回り込みやがった・・・どこから出てくる!?







 なんとか吊り橋を渡り切り、テレビで観た案内板の場所へ。

 なんじゃ、こりゃ!?
 タヌキがカエルに化けてやがる・・・なんてこったい(涙)







 失意のうちに、再び吊り橋を渡ってヒィヒィ言いながら玉桂寺へ戻りました。
 途中、もちろんスズメバチに何度も遭遇しながら、すこ~しずつ前進(笑)

 玉桂寺の僧侶にタヌキの置物のことを尋ねると、「あぁ、あれはこの寺で次に出す事になってるんですよ」とのこと。
 どうやら置きっぱなしになっているわけではなさそうだ。
 「ついでにこちらも拝んで行ってくださいね」とのことなので、次回は玉桂寺をご案内します。

 つづく。



撮影機材
 Nikon D3  Ai Nikkor 50mm F1.4S  SanDisk Extreme 8GB CFCard
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年10月8日

3年ぶりの皆既月食

 今夜は皆既月食
 関東では3年も経ってないと思うでしょうけど、こちら関西では久方ぶりなのです。
 しかし、そんなことは分かってたんですが、仕事が終わらない・・・
 なんとか終わらせて自転車で自宅を目指し始めたら、既に部分月食が進んでおり、月が半分に!

 「うわぁ、間に合わん!」と慌てて全力疾走してました。
 通勤路が昔の街道だからか、あちこちで月を見上げる人々がいましたね。
 たぶん皆さんNHKのニュースで気がついたんでしょう(笑)





 やっとのことで帰宅したら19時30分。
 最低限の写真を撮ろうと三脚とカメラを持ち出して撮ったのがコレです。
 一応、食が最大の19時55分撮影。
 月の右横の星が天王星です、ちゃんと写ってましたよ~



撮影機材
 Nikon D3  AiAF Nikkor ED 300mm F4S  SanDisk Extreme 8GB CFCard  Velbon PH-460  Manfrotto CARBON ONE 441
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5  Neat Image 6.1 Home Edition






2014年10月6日

玉露の茶まつり(酬恩庵一休寺)

 台風が近づく中、昨日は京都府京田辺市の酬恩庵一休寺に午前中に行ってきました。
 目的は2つあって、ひとつは京田辺玉露の試飲会があると聞いたので。
 そしてもうひとつは、一休さんゆかりの寺の、この秋の紅葉の具合を確かめるためでした。
 かくして今年36回目・通算48回目の小型二輪車(原付二種)ツーリング、出発~!

 今回は台風接近による雨に濡れる前に帰る必要があったので、最短コースで現地へ向かいました。
 すなわち、中央環状線より国道1号線(第二京阪の下を走る方)へ。
 そして右折して国道307号線へ入ります。
 しばらく走ったのち、左折して県道22号線へ入ってすぐのところでした。

 駐車場は普通車300円なんですが、スクーターは免除してもらえました。
 ありがたや~
 その駐車場から山手を見ると、若干の紅葉が認められます。







 駐輪後、総門の方へ回ってみました。
 ちゃんと一休さんの名前が彫られてますね。







 茶まつり会場と看板も出てますね。
 総門から中をのぞくと・・・







 若干の紅葉が・・・しかしこちらもまだまだこれからの様子です。
 今月末には結構色づくんじゃなかろうか?







 そしていました、京田辺玉露レディー
 京田辺玉露を全国に全世界にPR活動をしていくのが使命だとか。

 ワシも頂きました、玉露!
 なんともまろやかなお味でした。
 それ以上に何と言って表現すればいいのか・・・茶になじみがなく、上手く表現できないのがもどかしい。

 この日はKBS京都のテレビクルーも取材に来てましたよ。
 商品を物色しているところも真横から撮られてしまった・・・ワシ、ひさびさのテレビ出演!?







 ちょうど団体の観光客も来たところだったので、話がまともにできなかったのが残念(笑)
 そのまま石畳の参道を登っていくと・・・

 ここの紅葉は絶対素晴らしい!
 そう思わずにはいられない場所でした。







 さて、今日は時間がないので拝観はせずに総門まで戻ります。
 そして買ったのが煎茶・・・なぜ玉露でない!?

 嫁はんに相談したところ、玉露より煎茶の方が好きだとのこと。
 そういう訳で玉露はまたの機会に(笑)
 まぁ平成26年産の京田辺玉露一煎パックを頂きました。
 これは、「日本茶鑑定士十段位」の小林裕氏が厳選した美味しい京田辺玉露だそうな。







 一応、京田辺市での玉露の販売先をご紹介。
 京田辺市にお寄りの際は、ぜひご利用くださいませ。








 帰りはちょっと走り足りないので、止せばいいのに奈良経由で。
 県道22号線から県道65号線を経由して国道24号線へ。
 これをしばらく南下して国道25号線に入ります。

 しかし・・・JR新王寺駅の辺りから土砂降りに(涙)
 柏原市に入るくらいまでには止みましたが、びっちょびちょになりましたよ。
 京都から奈良経由で帰るときは、必ずと言っていいほど雨に遭いますねぇ・・・
 帰宅した頃には結構乾いてましたけど。


撮影機材
 Nikon D50  AiAF Nikkor 50mm F1.4D  SanDisk Extreme III 2GB SDCard
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






2014年10月1日

息子のガンダム その4

 先月末にまた新たなガンダムの食玩が発売されました。
 もちろん息子チビケンは欲しいとのこと。
 で、出勤途中に朝からローソンで買ってきました。







 今回発売された食玩には、新バージョンのガンダムがあったんですねぇ。
 ビームサーベルも付属してますよ。







そしてチビケンの一番欲しかったのは、このシャア専用ザク







 こちらのザクは以前発売したのを再び販売されたものだそうです。
 しかもガンダムと同様、格闘用武器ヒートホークが付属していました。







 なかなか出来がいいですね。
 






 モビルアーマーザクレロ
 これも興味津々で楽しみだったとのこと。







 モビルスーツがさらに増えて、大満足のチビケンなのでした。



撮影機材
 Nikon D3  AiAF Zoom-Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D  SanDisk Extreme 8GB CF Card
編集ソフト
 SILKYPIX Developer Studio Pro 5






人気の投稿(全期間)